江戸城、松の廊下刃傷事件、直後の様子を伝える文献が発見された

大河ドラマでも繰り返し題材になる赤穂浪士新たな資料が見つかりつつも「吉良家と近い関係だった寺側にも事件の真相はつかめていなかった。浅野家にとっても同様で此の不透明性こそ討ち入りに発展した原因ではないか / “刃傷事件後「…”

「吉良殿御痛も軽ク」… 刃傷事件直後の記録見つかる

「吉良殿御痛も軽ク」… 刃傷事件直後の記録見つかる:朝日新聞デジタル

江戸城、松の廊下刃傷事件、直後の様子を伝える文献が発見されたそうですが…、さて…、本物か…、如何か?…。(^^;) 

刃傷事件後「痛み軽い」=吉良上野介と面談―西本願寺で史料発見・京都 (時事通信) – Yahoo!ニュース

刃傷事件後「痛み軽い」=吉良上野介と面談-西本願寺で史料発見・京都:時事ドットコム: 刃傷事件後「痛み軽い」=吉良上野介と面談-西本願寺で史料発見・京都 西本願寺が保..

刃傷事件後「痛み軽い」=吉良上野介と面談―西本願寺で史料発見・京都(時事通信) – Yahoo!ニュース

刃傷事件後「痛み軽い」=吉良上野介と面談―西本願寺で史料発見・京都(時事通信)

刃傷事件:「浅野内匠頭殿 乱心」 京都・西本願寺で文書発見 真相は……やはり謎 – 毎日新聞: 刃傷事件について記されている「江戸江遣書状留帳」。「乱心」と書かれている=京都市下京区の西本願寺で、小..

四十七士が吉良邸へ討ち入りした日(元禄15年12月14日)を前にして、江戸城松の廊下で起きた刃傷事件に関する古文書発見のニュースが飛び込んできました。◆ <原文の一部>一、吉良殿御痛も軽ク、御食事無替事由、御注進、御・・・

雨垂れのブログ

・・・来ると、クリスマスムードが濃くなって来ますし、正月ムードすらして来ますが、嘗ての日本の冬の風物詩の一つの忠臣蔵に関係した史料が京都の西本願寺で発見されたとか。江戸城での刃傷事件直後の吉良上野介についてで、刃傷事件に巻き込ま・・・

Mona Khalifaのブログ

刃傷事件後「痛み軽い」=吉良上野介と面談-西本願寺で史料発見・京都[アメーバニュース] 淺野の病気説が有力ではないかと思う。日本全国の藩を調べた本が江戸時代に合ってそこは内匠頭の時代だから病気に注意って書いていた。

エアロスターのブログ

・・・す。駅前から、綺麗に整備されたお城通りを南へと歩きます。新しい町並みと古い町並みが調和している素敵な町です。5分ほど歩くと「息継ぎ井戸」があります。江戸での浅野内匠頭の刃傷事件の一報を知らせるために、江戸から早かごで赤穂城・・・

播磨屋伝兵衛ブログ

・・・、、閉門は解かれた。だが、大学様に家禄は与えられず、広島のご本家に差し置きとなられた。 では、浅野家の再興は?。。。。。。無言のまま、空を見上げる内蔵助。 松の廊下の刃傷事件から一年四ヶ月、浅野家再興の道は絶たれたである・・・

westのブログ

・・・内の紹介で「解体新書」の挿絵を描いたりしたが、本格的に画業に打ち込み、秋田藩主佐竹曙山や角館城代佐竹義躬、そして司馬江漢にも絵を指導していたようです。1779年に源内が刃傷事件を起こすと、直武は秋田に戻り、何とその翌年5月・・・

合縁奇縁の必見・発見(必験・初験)

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です