溝口健二監督の映画について。『残菊物語』を今まで作られた

角川シネマ新宿 《溝口健二・増村保造映画祭 変貌する女たち》 祇園囃子/最高殊勲夫人/雨月物語/足にさわった女/卍/華岡青洲の妻/清作の妻/山椒大夫/でんきくらげ/噂の女/西鶴一代女/武蔵野夫人/暖流/刺青/爛/ほか全43本…

角川シネマ新宿 《溝口健二・増村保造映画祭 変貌する女たち》 赤線地帯/くちづけ/盲獣/楊貴妃/赤い天使/Wの悲劇/妻二人/妻は告白する/女の一生/近松物語/しびれくらげ/痴人の愛/残菊物語/青空娘/夫が見た/ほか全43本…

『近松物語』。溝口健二の演出、宮川一夫の撮影、早坂文雄の音楽、水谷浩の美術、岡本健一の照明、菅沼完二の編集、そして香川京子、長谷川一夫の演技等、すべて神がかりで緊迫した超傑作だが、成瀬映画でもお馴染み・田中春男の十八番?「間の抜けた長唄」が…

溝口健二監督の映画について。『残菊物語』を今まで作られたすべての映画の中で最も優れた映画だと思っているが、個人的に最も好きな映画は『雨月物語』である。これを製作した永田雅一は、これほどの映画はなかなかないと思いますと後年語っている。

『近松物語』。溝口健二の演出、宮川一夫の撮影、早坂文雄の音楽、水谷浩の美術、岡本健一の照明、菅沼完二の編集、そして香川京子、長谷川一夫の演技等、すべて神がかりで緊迫した超傑作だが、成瀬映画でもお馴染み・田中春男の十八番?「間の抜けた長唄」が…

脚本は増村保造が第一話で、それ以外は安本莞二だけど、あのクドさは溝口健二作品の助監督でもあった土井茂さんならではと思うんだ 黒澤明とか見たら「BGMが多いね」と言いそう

ソデで噺を聞いて、二部では自分も演じて。聞いたり聞かれたり。前日香川京子サマのトークショーで伺った溝口健二監督の「反射」という言葉を思い出す。ワタシは反射してないかなぁ…。

角川シネマ新宿 《溝口健二・増村保造映画祭 変貌する女たち》 赤線地帯/くちづけ/盲獣/楊貴妃/赤い天使/Wの悲劇/妻二人/妻は告白する/女の一生/近松物語/しびれくらげ/痴人の愛/残菊物語/青空娘/夫が見た/ほか全43本…

キネ旬のベストなんかに文句言うのもどうかと思うけど。昔のキネ旬のベストざっとみて見なよ。黒澤明に溝口健二に小津安二郎に木下啓介にその他おんなじような名前の監督の映画が毎年のように並んでてどんだけ偏ってるか一目瞭然ですよ

・・・ような大人になるな!!と、先に言うべきじゃないですかね(∋_∈)若尾さん…美しく、艶やかでした。敢えて《うなじ》からの映はモノクロながら、これぞ《色香》と見とれました。溝口健二監督の弟子赤いシリーズよりもずっと前の増村監督・・・

マニア熟の格闘日記

日時:2016年10月19日 19時~場所:晴れたら空に豆まいて(代官山) 作品:『瀧の白糸』(1933)監督:溝口健二主演:入江たか子弁士:片岡一郎演奏:新垣隆 片岡一郎氏、新垣隆氏ともお酒が入っていたせいか、新垣氏はいつにな・・・

・・・て知らない』である。2006年に第19回東京国際映画祭の国際審査員を務める。出身地である茨城県の「いばらき大使」、潮来市の「水郷いたこ大使」も務める。好きな映画監督は、溝口健二、ジャン=リュック・ゴダールなど。ノンフィクシ・・・

心のサプリ (本のある生活)

・・・イズム… [映画.com ニュース] 「溺れるナイフ」の山戸結希監督と「淵に立つ」などで知られる深田晃司監督が12月24日、東京・シネマート新宿で開催中の特集上映「溝口健二&増村保造映画祭 変貌する女たち」のト・・・

日々の出来事(エンタメニュース全般)

今日久しぶりにランニングしたら3分で膝を痛めたよ大和田美帆です。だめだよ、急に走っちゃ。さて今夜は小津安二郎監督の【浮草】鑑賞。最近やっと小津安二郎や溝口健二の映画に心揺れるようになりました。10代の頃は平坦なセリフ回しや表情に・・・

大和田美帆オフィシャルブログ Powered by Ameb・・・

・・・武者キートン ★★★アラモ ★★★アリ ★★★★★アリス・イン・ワンダーランド ★★アリスの恋 ★★アリスのままで ★★★ 「ある」ある愛の詩 ★★ある映画監督の生涯 溝口健二の記録 ★★★☆歩いても 歩いても ★★★☆あ・・・

0・・映画toほげほげ

関連記事:検索するキーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です